2010年01月25日

福山雅治の龍馬伝見てる?

白虎隊を知るには幕末という時代を知っておく必要がある。
龍馬伝を見ている人なら分ると思うけど・・・
黒船がやってきてからの日本は大きく揺らいでいた。
徳川幕府の存在そのものが「必要なの?」と思う人が増えて、
幕府もそれを感じていたんだね。
苦肉の策として幕府は 「 公武合体(こうぶがったい) 」 を進める。
「公武」の「公」とは天皇。「武」とは武士(徳川)の事。
徳川家と天皇家が一緒になろうとした訳。
この時の天皇は孝明(こうめい)天皇なんだけど、
この孝明天皇の妹 「 和宮(かずのみや) 」が
徳川14代将軍 家茂(いえもち)のお嫁さんになる事が決まった。
無理やりのお嫁入りだった。
「 天皇と幕府が一緒になって政治をやりましょう 」 という考え方。
たかが結婚と思うかも知れないけど、
天皇家が武士と結婚するなんて これまで徳川幕府が始まって以来、
初めての出来事なんだよ。
勿論、反対する人も多く居た。
「 徳川幕府は、政治を行う権利を天皇に返えすべきだ! 」
「 これからは天皇が中心に立って政治を行うべきだ! 」
という考え方があった。
それを 「 王政復古(おうせいふっこ) 」 というの・・・
王様(てんのう)の政治を復活させるって事。

この2つの考え方で日本は乱れ、京都では天皇に近づく為に
薩摩藩(鹿児島県)や長州藩(山口県)土佐藩(高知県)の武士が集結していた。
そこに京都守護職として会津藩が呼ばれて来た訳。
おそらくイヤイヤね。
会津藩は、この 「 公武合体 」を進めていた側(徳川幕府と孝明天皇)に付いていた訳だね。
posted by KANCHI at 10:09| 白虎隊の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。